投資情報を提供します。海外投資(オフショアファンド等)・日本株・日経225先物・システムトレードの運用情報のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、本を発売することになりました。
本と言っても出版ではなく、インターネット上でPDFを売ります。

内容はHSBC口座開設紀行です。
実は書き溜めていて、イーブックとして発売することになりました。
口座開設マニュアルではつまらないので、
オフショアファンドで年利20%で運用するノウハウを加えました。

題して


年利20%のファンドがゴロゴロ!
誰でもできるHSBC口座開設&年利20%運用マニュアル

誰でもできるHSBC口座開設&年利20%運用マニュアル

年利20%というのは、決して大袈裟な数字ではありません。
日本のファンドの利回りが悪いのには理由があるのです。

【日本のファンドの場合】
日本の証券会社や銀行が手数料を引きます。
残りを日本の投資会社に送ります。ここでも手数料がかかります。
この残りを外国の証券会社に送ります。ここでも手数料をとられます。
さらに残りがやっと運用する会社に到達するのです。
運用会社も、当然、手数料を徴収します。
さらに、運用益はお国が税金を請求します。

はぁ~。偉大なる無駄ですね。

【HSBCでファンドを買った場合】
まずHSBCが手数料をとります。
残りを運用する投資会社に送ります。
投資会社が手数料をとります。
中間搾取はこれだけです。

どうですか。だいぶ、すっきりしました。

パフォーマンスの差は「手数料」と「税金」の差です。
同じものを買っても、かかるコストが全く違うのです。
これが利回り10倍以上となって反映します。

そして、このマニュアルでは、秘密の
「HSBCに払う手数料をさらに減らす方法」
もご紹介しました。

次もこのマニュアルの内容を少しだけ公開しますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/22(金) 15:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trademaster.blog90.fc2.com/tb.php/113-e6e31720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。